FC2ブログ

リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎9月13日(火)  13th September (Tuesday)

◎9月13日(火)  13th September (Tuesday)

渡波・K地区の公園、中屋敷のJENコミュニティ・カフェで炊き出し・保育・こころのケア(Psycho Education、自律神経系へのリラクゼーション)を提供しました。

We offered meal service, child care, and mental care (Psycho Education )
and relaxation that works on the autonomic nerves at NPO JEN’s community café in a park in K area of Watanoha, Nakayashiki.

K地区のK東公園では、地域の公民館が被災により使用できないため、公園にテントを張って活動をしています。毎回20名以上の方々が訪れ、私たちのケアを受けて下さっています。この日も60代、70代の方々が約20人RFJのテントに来て下さいました。
 
In K Higashi Park in K area, we are working under a tent we set up in the park, as the local community center was devastated and cannot be used. Every time we go there for our activities, over 20 people visit and receive our care. On this day, about 20 people of ages around 70s came to our RFJ tent.

356.jpg
357.jpg
358.jpg


K東公園の道を挟んだ向かい側の住宅です。がれき・泥だしは済んだものの、被災により崩壊したままの状態です。写真ではわかりづらいかもしれませんが、住宅の壁の、人の背丈くらいのところに、地面と平行して、うっすらと茶色い線が残っています。これが津波による浸水の高さです。この住宅は、海岸から5キロくらい離れたところにあるのですが、それでもこの高さまで津波が襲い、車や人を飲みこんで、住宅を破壊したのです。
この住宅ばかりではなく、付近を見渡すと、K地区には被災直後の状態のまま、まだ解体されない住宅がたくさん並んでいます。
 
The photo below shows a house that is on the other side of the road of K Higashi Park. Although the cleaning out of the mud and debris was done, the house is still in destroyed condition. It may not be clearly shown in the photo, but on the wall, there remains a light brown line about the height of a person standing, parallel to the floor. This line is the height of the tsunami that came into the house. Although this house is about 5 kms from the seaside, the tsunami struck this house so high, swept away the cars and people of the area, and destroyed the houses.
In K area, there remain many houses like this one above which remain in ruins and are still not demolished.

359.jpg
360.jpg


中屋敷のJENコミュニティ・カフェ「なかやし喫茶」での活動風景です。小さな娘さんを子育て中のお母様方3名が訪れてくださいました。お母様方が整体や映像療法を受けている間、保育スタッフが子どもたちと遊びました。

The photos below are scenes of our activities at NPO JEN’s Community café “Nakyashi Kissa” in Nakyashiki area. Three mothers with their small daughters visited the café. While the mothers were receiving seitai (Japanese massage) and music and video image therapy, our nursery teacher staff took care of their daughters.

361.jpg
362.jpg
363.jpg
364.jpg
 
 
この日の炊き出し番長は、久々に被災地入りしたスタッフHくんです。

The meal service leader of this day was our staff Mr. H, who came back to the devastated area after a long interval.

365.jpg


メニューは、しょうが焼き丼50食です。大人気を頂きました。ハンドメガホンによるRFJ広報宣伝車の呼び声に誘われて、かなり遠方から車でやって来て下さった方もいて、「なかやし喫茶」は大繁盛でした。
 
The menu of the meal service was 50 Shouga Yaki Don (Roasted pork with ginger sauce on a bowl of rice). Everyone appreciated the menu. Our RFJ publicity cars announced the meal service by megaphone, so many people came from places quite a distance away by car, and the “Nakayashi Kissa” was bustling with people

366.jpg

367.jpg

「なかやし喫茶」の外観です。中屋敷で塗装工場を営むN産業さんの社屋の一部です。津波による浸水で壊滅状態でしたが、NPO法人JENさんが出資して内装を新調し、地域の人々が集まるためのコミュニティ・スペースとして開放して頂いています。

The photo above shows the entrance of the “Nakayashi-Kissa”. This building is part of the plant of N industry that runs a painting factory in Nakayashiki. NPO JEN invested to renew the interior of this building, and opened it as a community cafe where the local people can gather.

  1. 2011/09/13(火) 17:36:44|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/92-5aa2f90d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。