リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎8月10日(水)~8月11日(木)

10th August, Wednesday~11th August, Thursday


 調整日として、12日(金)の牡鹿地区、14日(日)の渡波地区のお祭り、15日(月)の女川・H寺の灯籠流しの準備をさせて頂きました。10日(水)には、渡波・K寺にある(株)山源のU社長のお墓の建て直しボランティアをさせて頂きました。津波で墓石が倒れ、台ごと大きくずれてしまったU家のお墓は、男性6人がかりでなんとか元通りになりました。

 These two days we prepared for the summer festival of Oshika area that will be held on 12th Friday, the festival of Watanoha area that will be held on the 14th Sunday, and the sending out of the lantern ceremony at H temple in Onagawa on 15th, Monday. On 10th Wednesday, we helped reconstructing the grave of the family of Mr. U, the president of Yamagen Corporation at K temple in Watanoha area. It took the manpower of 6 men to set back the huge tombstone which was knocked down by the tsunami.


 同じ墓地の中には崩れたままのお墓が多く、男性RFJスタッフたちはやり切れない思いを残したまま、引き上げざるを得ませんでした。入り組んだ墓地の狭い道を、重い墓石を運べるような作業用のユニックは、通り抜けることができません。このような墓地は東北じゅうにあるはずです。
こんなときにこそ真っ先にお墓の整備を行わなければ、なんのためのお寺なんだろう?と、自然な疑問が湧いてこざるを得ませんでした。

 At that same cemetery were many tombs still left destroyed, so the male RFJ staff felt sad to have to leave the cemetery. As it is impossible to bring in large machineries and equipments that can lift heavy tombstones, through the narrow, complex roads of the cemetery, such cemeteries as this one probably exist all over Tohoku area.
We could not but wonder for what purpose temples are there, if the maintenance of cemeteries cannot be done after such a disaster.
  1. 2011/08/10(水) 17:12:30|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/80-6560159e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。