リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎7月12日(火)

 この日のRFJも総力戦での活動でした。RFJわたのは事務所での「夏物衣服 ゼロ円フリーマーケット」、物資(蚊帳&虫トレンジャー&蚊取ベープマットの3点セット)100人分の配布、炊き出し(水餃子入りキムチスープ)150人分です。


■12th July Tuesday

Our activities this day were also an all-out battle. The activities were “ All zero yen summer clothes flea market”, supply of goods ( mosquito nets, insect repelant and insecticides for 100 people, and meals for 150 people ( Boiled dumpling Kim chi soup).

 
120.jpg
121.jpg
122.jpg

 ゼロ円フリーマーケットは大盛況!1000枚以上用意した夏服の4分の3以上が、あっという間になくなりました。津波で三輪車を流されてしまい、お姉ちゃんの乗る三輪車のあとを走って追いかける毎日だった3歳の女の子に、プーさんの三輪車をお渡しすることができました。女の子は大喜びで、お母さんが運転する車にすぐには乗せずに、避難所の空き地を三輪車で走り回っていました。その姿がとても可愛らしかったです。


The zero yen flea market was a great success! Three fourth of the 1000 summer clothes we arranged were gone in a second. We were able to give a Winnie the Pooh tricycle to a three year old girl, who had lost her by the Tsunami ,and was spending her days chasing t her elder sister’s tricycle. The sight of the girl running around happily in the vacant space in the evacuation center was so cute and lovely.
 

123.jpg
124.jpg

 株式会社オークセールの社長、Fさんが社員のみなさま9名を連れてRFJ事務所を訪れ、自ら陣頭に立って物資の配給をして下さいました。
 害虫が異常発生している渡波地区で、「蚊帳(かや)&虫トレンジャー&ベープマット」の3点セットは大好評でした!しかし・・・100点では到底数が足りず、配給の列に並んでいたのに物資が行き渡らず、我慢して頂かねばならない方々もいらっしゃいました。
 F社長は、必ずもう一度、渡波を訪れて物資を支援する約束をして下さいました。今回、我慢して下さった渡波の方々、ごめんなさい!そしてF社長と社員のみなさま、今後ともよろしくお願いします!


The president of Oak Sale cooperation, Mr. F visited the RFJ office with 9 of his employees, kindly took charge of distributing the goods. In Watanoha area, where an outbreak of vermin is serious problem, the set of “ mosquito net, insect repelant and insecticides” was highly appreciated! However, 100 sets were not enough at all, and although people were in lines waiting for distribution, the goods did not reach to all.
A pity there were not enough supplies, but F President promised to visit Watanoha and deliver more support goods again . A hearty thanks to President F and his employees!


 午後は女川のD小学校で、1.2年生の子どもたちとゲーム大会をしました。  


In the afternoon we played games with the children in D elementary school in Onagawa area.



125.jpg
126.jpg
127.jpg
128.jpg
 
 上の写真4枚は、「つながれ!みんなで立ち上がれ!ゲーム」の様子です。


 The four photos above are the sights of “Connect! Lets all Stand Up! “ game.


129.jpg 130.jpg
131.jpg

 2人組で、顔の間に風船をはさんでリレーするゲームでは、子どもたちは大はしゃぎ!
ゲームの最後に、物資支援チームから頂いた色鉛筆をプレゼントすると、この笑顔、笑顔、笑顔・・・最後には子どもたち一人ひとりが、私たちRFJのメンバーに「お礼の言葉」をプレゼントしてくれました。「女川っ子 見守り隊」として3ヶ月間、子どもたちの登下校を見守ってきたメンバーたちは、子どもたちの姿に感動し、思わず涙する者もいました。


In a game where a pair puts a balloon in between their faces and relays it, the kids were frolic!
When we gave out the color pencils we received from the goods supply teams to the children, there were smiles, smiles, smiles….At the end each children gave us RFJ members the present of “thank you smiles”. The members who had attended the children going and coming back to and from school for three months as “Onagawakko Mimamoritai” (Onagawa children guardians) were very moved by the sights of the children, and some could not hide their tears.


132.jpg


渡波・K浜地区で、自らの被災の被害を省みることなく、地域の人たちの救済に奔走するFさんです。今回は、Fさんにも蚊帳(かや)をお届けすることができました。この日は、秋田の温泉に地域の人たちを送迎するバス・ツアーが実現したそうで、Fさんは大忙しのご様子でした。Fさんのような地域の方々の存在が、ともすると絶望に陥りかねない被災地を、少しずつ復興へと導いているのです。地域の人たちへのFさんの献身の姿に、いつもながら胸を打たれる思いでした。


This is Mr. F of Watanoha, K district who, in spite of his own loss from the earthquake, runs around for the relief of the people of his area. This day, he was very busy, having organized a bus tour sending people of his area to a hot spring in Akita prefecture for a rest. It is the existence of people like him who are leading the victims of the disaster to recovery, unless otherwise prone to despair. The sight of Mr. F devoting himself to the people of his area, as always, gave us courage.


  1. 2011/07/12(火) 17:26:16|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/56-e1622414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。