リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎7月4日(月)

午前、午後は「女川っ子 見守り隊」女川地区のD小学校で小学生たちの登下校サポートを行いました。

■4th July, Monday
In the morning and afternoon, we did “ Onagawakko Mimamoritai” ( Onagawa Children’s Guardians ) supporting children of D Elementary school going to and coming back from school, at Onagawa area.


日中は牡鹿半島・O公民館を訪問し、炊き出し・整体・リラクゼーション・保育・psycho education(心理教育)の提供をさせて頂きました。整体は、ボラセンの整体チーム・マリナーズのKさんとのコラボレーションでした。

During the day, we offered services of meal supply, seitai (Japanese massage), relaxation, child care, and psychological education at O community center in Oshika peninsula. The seitai (Japanese massage) was conducted in collaboration with Mr. K of seitai team, Mariners of the volunteer center.


炊き出しメニューは魚介のボンゴレ・スパゲティ(トマトソース)200食です。野菜が不足している被災者の方々のために、東京の物資支援チームから頂いた野菜類を細かく刻んでスープに加えた手の込んだ料理を、牡鹿の皆さまは大喜びして下さいました。スープも残さず200食、完売!でした。

The menu of the meal supply was spaghetti vongole (seafood)in tomato sauce for 200 people. The elaborate meal made with lots of chopped vegetables that were given to us from the goods supply team in Tokyo for the vegetable deprived victims, were appreciated by the Oshika people! 200 meals were all consumed without a drop of soup left over.

95.jpg 96.jpg


先週(6月27日)の月曜日に牡鹿半島を訪れた際に、牡鹿半島の漁村K浜の集落で民生委員をされているEさんから、「小学校3年生と1年生の兄妹が、学習机を流されてしまって、兄妹のお祖母ちゃんがとても心配している」という情報を頂いていました。

When we visited Oshika peninsula last Monday (27th of June), we were informed from Mr. E, a social worker of a fishing village in K beach , that study desks of a brother and sister of first and third grade of an elementary school were washed away by the tsunami, and that their grandma is very worried about that.


RFJはそのニーズを東京に持ち帰り、ある支援者の方に打ち明けたところ、いま話題になっている「組み立て式の段ボール家具」の、子ども用の学習机セットを2つ、すぐに寄付して下さいました。

When RFJ took that case back to Tokyo and consulted with one of the supporter of our activities, two sets of study desks for children made of cardboard which can be easily assembled , were immediately contributed.


この日は、RFJの心理士2名、ケア・ワーカー1名が学習机セットを持ってK浜を訪れ、兄妹が生活しているお宅の庭先で家具を組み立ててプレゼントしました。

On this day, two of the clinical psychologists and one care worker from RFJ visited K beach, set up the study desks in the garden of the children’s house and presented the desks to them.

97.jpg 98.jpg 99.jpg


庭先をお借りして家具を組み立てた時間は、とても心温まるひとときでした。幼い兄妹をずっと心配してきたお祖母さんと、いろんな話をさせて頂きました。

Setting up the desks in the garden, we had a heartwarming conversation with the grandmother who had been worried about her grandchildren.


大量に物資を配ること、炊き出しの食糧を提供することも、もちろん必要なのですが、こういう肌理(きめ)細かい支援をできることも、被災地で活動する私たちにとってとても大切なことであり、喜びなのだということを、実感させて頂きました。

It is of course necessary to distribute large amounts of goods and to offer meal services, but we felt that a closer and personal ways of support is also very important and is a source of joy for us in our activities.


 今回の被災地入りでは、株式会社オーク・セール(東京)のF社長から緊急に支援して頂いた強力な害虫駆除器「虫トレンジャー」240個、翻訳家のSさんから頂いた殺虫剤100本を2トン・トラックに満載してきました。
牡鹿半島にはたくさんの漁村が点在していて、一つひとつを回って物資を配るほどのマンパワーがRFJにはありません。牡鹿半島のO公民館では、東京のP支援プロジェクトが震災直後から入り、牡鹿の各漁村にニーズが行き渡るように調整をして下さっています。我々は「虫トレンジャー」40個と殺虫剤100本をP支援プロジェクトのMちゃんに託して牡鹿半島を後にしました。

This time, we had carried in by a 2tons truck 240 powerful insect exterminators, called “Insect Torenger”, which were contributed immediately by Mr. F, the president of Oak Sale Co. in Tokyo, and 100 insecticides which were contributed from , a translator Mr/Ms S.
Many fishery villages are dotted in the Oshika peninsula, but RFJ does not have the manpower to go around each of the villages to distribute goods. In O community center at Oshika peninsula, the P recovery support project from Tokyo had entered the area immediately after the earthquake, and has been making arrangements so that needs of each villages are cared for. We entrusted 40 of the “Insect Torenger” and 100 insecticides to Ms. M of P Recovery Support Project, and left Oshika peninsula.

100.jpg

F社長、Sさん、P支援プロジェクトのEさん、Mちゃん、K浜の民生委員のEさん、ほんとうにありがとうございました!

Our gratitude to President F, to Mr./Ms. S, to P Recovery support project and Ms.M, and the social worker at K beach, Mr. E!


夜はH小学校の避難所に、RFJ炊き出し隊長のTくんに、「虫トレンジャー」4個を届けてもらいました。
避難所の人たちは大喜びで、応援メッセージが寄せ書きされた日の丸国旗のそばや、ハエや蚊に悩まされる水場に、さっそく設置して下さいました。

In the evening Mr. T, our meal supply leader, delivered 4 “Insect Torenger” to the evacuation center in H Elementary School.
The people at the evacuation center were delighted, and immediately set the machines nearby the Japanese national flag with cheering messages written on, and at places where water are used which are troubled by flies and mosquitoes.

101.jpg 102.jpg

  1. 2011/07/04(月) 14:12:11|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/51-028944ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。