リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎6月26日(日)~27日(月)

◎6月26日(日)
前線キャンプ設営、ボラセン会議に出席し、翌日からの活動の調整を行いました。

■26th June(Sunday)
Set up our camps , participated in the volunteer center meeting, and prepared for activities of the following days.


今回の被災地活動では、常磐大学・国際被害者学研究所の研究員Mさんたちお二人の被災地入りをコーディネートさせて頂きました。この日のボラセン会議で2泊3日の活動について打ち合わせを行いました。

In our activities this time, we coordinated the participation of Mr. M and another researcher of Iwaki University International Victim Research Institute in the support activities for the devastated area. We made arrangements for the following 2 nights and 3 days at the volunteer center meeting.



◎6月27日(月)
牡鹿半島・O公民館を訪問し、炊き出し・整体・リラクゼーション・保育・psycho education(心理教育)の提供をさせて頂きました。

■27th June Monday
We visited O community center at Oshika peninsula, and offered service of
meal supply, seitai (Japanese massage), relaxation, child care and psycho education. (mental care education).


炊き出しメニューは肉豆腐250食です。「年配の方々の好みに合わせて薄味の和風だしにしよう!」という炊き出しリーダーTくんの計画が大成功。集まった方々がみなさん、おかわりをして下さるほどの大人気でした。

The menu of the meal service was 250 Japanese stew of tofu and meat. Our meal service leader Mr T’s idea, to cook the stew in light taste Japanese soup, to suit the tastes of the eldelrly people, turned out to be a great success! The meals were so popular to the extent that everyone who came were having second and third helpings.

79.jpg 80s.jpg


さらに東京の物資支援チームが集めてくれたぬいぐるみを子どもたちに配布しました。
子どもたちは大喜してくれました!

We also gave out toy animals contributed by the goods supply support team in Tokyo ,to the children.
The children were delighted!

81v.jpg 82v.jpg

  1. 2011/06/26(日) 13:49:20|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/46-1da6e717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。