FC2ブログ

リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎6月5日(日)~6日(月)

◎6月5日(日)

5th June (Sunday)


前線キャンプ設営、ボラセン会議に出席し、翌日からの活動の調整を行いました。

We set up the camp at the front, participated in the volunteer meeting, and
made arrangements for the activities for the following days.


◎6月6日(月)

6th June (Monday)


女川地区・D小学校で登下校サポートを行いました。子どもたちは「女川っ子・見守り隊」の私たちにずいぶんと懐いてくれるようになりました。「東京から来ているボランティアの人たちだよ」という説明を学校の先生たちがして下さっているからでしょうか。小学校1年生、2年生の子どもたちが「上級生たちは遊んでもらっていいなぁ。僕たちもボランティアの人たちと遊びたい!」と言ってくれているようで、なんと教頭先生から直々に、「1年生、2年生の子どもたちともゲームを企画して下さい」というご依頼を頂きました!

We helped children going and coming back from D Elementary School in
Onagawa area, an activity known as “Onagawakko Mimamoritai” (Onagawa Children’s Guardians). The children are now much more used to us probably because the school teachers have explained to the children that “These people (RFJ members) are volunteers from Tokyo.” The children of 1st and 2nd graders watching the kids of the upper classes enjoying playing with the volunteer people started saying “We also want to play with the volunteers!” And so we were requested from the vice principle directly to “please plan games that you volunteers could play with the 1st and 2nd graders.”!


日中は牡鹿半島・O公民館を訪問し、炊き出し・整体・リラクゼーション・保育・psycho education(心理教育)の提供をさせて頂きました。

During the day we visited O community hall in Oshika peninsula and offered service of meal service, relaxation, child care, seitai (Japanese massage), and psycho education (education for mental care).


炊き出しは肉じゃが150食です。前日の調整日に、深夜までかかってチーム全員で皮むきをした新じゃがで作った肉じゃがは、美味しかった!(自画自賛で恐縮です)。

The menu of the meal service was 150 simmered meat and potatoes. The meal, which were made of new potatoes which we team members peeled the day before until midnight, were, superb! (Please allow us to praise ourselves!!!)

053.jpg 054.jpg

055.jpg 056.jpg

リラクゼーション・チームは、新たなセラピー・ツールとして、映像と音によるリラクゼーションを導入しました。屋久島や阿武隈山脈などの大自然のなかで採取した自然の音と映像を、ソファに座り、液晶モニターとヘッドフォンで体験して頂く、というものです。資格・聴覚を通して脳に働きかけ、α波効果で交感神経を休ませて、副交感神経とのバランスを整えることを目的とした「音楽療法」ですが、これは大好評でした。

The relaxation team introduced a relaxation service which uses sound and video pictures as a new tool of therapy. This therapy allows one to experience relaxation in nature, sitting on a sofa. Using liquid crystal television and headphone, one can hear the sounds and watch scenes taken at the famous primary forests such as Yakushima and Abukuma Mountains. This “Music Therapy”, which aims to rest the parasympathetic nerve by αwave effects, and fixes the balance between the sympathetic nerve, was highly appreciated by the people who experienced it.


体験して下さった方々のほとんどが10分以内に、気持ち良さそうに眠りにつき、30分ほどで目を覚まして頂くと、眠っていたことにも気付かなかったご様子で「ああ、気持ちよかった」と言って下さいました。毎晩、中途覚醒や不眠に苦しんでいた方々が、このようにリラックスして下さるとは… 皆さん、本当に疲れていらっしゃるのだな、という思いとともに、映像と音でのセラピーにこれほど効果があることには私たちも驚きを禁じえませんでした。

Most of the people who experienced this music therapy fell asleep peacefully, and when they were woken up after about 30 minutes sleep , said with refreshed looks that they did not even realize that they were sleeping. “Oh, it was so comfortable.” they said. It was a joy to see the people who were suffering from insomnia and flashbacks every night become so relaxed. We could feel how exhausted the victims were, and at the same time were surprised ourselves that the music and visual therapy are so effective.


ただし、市販されている自然のDVD映像には、滝や川など水の映像と音がたくさん盛り込まれています。これらは、津波災害を経験された方々にとってはリマインダー(被災体験を想起してしまう要因)となりやすいので、映像を提供するときに細心の注意が必要です。

However, in the DVDs on nature that are sold at the shops, there are many images and sounds of water such as rivers and waterfalls. As such pictures and sounds can become a reminder (a factor which reminds the victims of their devastating experiences) to those who were hit by the tsunami, prudent caution is required when offering these sounds and visuals.

057.jpg


整体チームは、ボラセンで活躍するマリナーズの整体師さんたちのご協力を頂きました。炊き出しチームは、四国・高松からボラセンの「こころのケア・チーム」に参加して下さった「千手庵」のお二人とコラボレーションでの活動でした。

The seitai (Japanese massage) team cooperated with the seitai masters of the team “Mariners” working at the volunteer center. The meal service team cooperated with two volunteers from “Senjyuan”, who came from Takamatsu, Shikoku prefecture and participated in the “mental care team” at the volunteer center.


「千手庵」の方々は「ストレスにはビタミンC」と大書した張り紙を背中に貼り、純正のビタミンC粉末を1500回分、被災者に配布して下さいました。

The “Senjyuan” volunteers pasted paper written “Vitamin C for Stress” on their backs, and handed out 1500 packets of pure vitamin Cs in powder form to the victims.
  1. 2011/06/05(日) 18:47:56|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/38-95954f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。