リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎5月31日(火)

 女川地区・D小学校にて登校サポートを行いました。朝の登校時は、前日の台風の影響で道路にがれきが散乱したり、砂利で埋め立てた道路が再び崩壊したため、C班が担当するI地区の子どもたちは、スクール・バスではなく自衛隊の輸送トラックに乗せられての登校となりました。子どもたちは、初めて乗る自衛隊の特殊車両に大はしゃぎしていました。

We supported children going and coming back from D Elementary School
at Onagawa area. As debris were scattered all over the roads and the gravel roads were destroyed again due to the typhoon of the prrevious day, the children of I area that C group was in charge of, went to school on the Japanese Self-Defense Force trucks instead of their school buses. The children were excited to be able to get on the Japanese Self-Defense Force trucks for the first time.

051.jpg

その後、2チームに分かれて活動しました。

After that, we divided in two groups.

 Aチーム……JENのコミュニティ・カフェ(中屋敷地区)にて整体・ヨガ講座・リラクゼーション・保育・psycho education(心理教育)提供

A team: Offered seitai (Japanese massage), yoga class, relaxation, child care and psycho education (Education for mental care) at NPO JEN’S community café in Nakayashiki area.

 Bチーム……渡波・K浜地区で炊き出し(もち入りきんちゃくと肉野菜のスープ煮)
       300食  支援物資(衣類)の配布

B team: Meal service of 300 Meat and vegetable soup with rice cake wrapped in deep fried soy bean sheet), and distribution of support goods (Clothes).

052.jpg

 物資の配布では、喪服や女性物・男性物の衣類をかなり用意したのですが、あっという間に無くなりました。K浜地区だけでも1000世帯以上が津波ですべてを失ってしまっているのですから当然のことなのでしょう。物資チームのご協力に心から感謝いたします。

We prepared large amounts of formal clothes and men and ladies clothes, but they were all gone immediately. It is natural considering the fact that over 1000 households lost everything by the tsunami in K Beach area alone. Our heartfelt thanks to the goods supply team that cooperated with us.
  1. 2011/05/31(火) 18:40:55|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/36-05745f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。