リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎5月8日(日)~10日(火)

 支援物資の洗濯機4台、乾燥機3台、衣類、子ども用のおもちゃをレンタカーの2トン・トラックに積み、富永が単独で被災地に行きました。

Tominaga loaded 4 washing machines, 3 dryers, clothes, and toys for children on a 2 ton truck, and went to the devastated area alone.

 石巻市S町に住んでいた水産会社社長のUさんに富永が面会し、崩壊したご自宅をRFJの物資倉庫として借り受ける交渉をしたところ、Uさんは快諾して下さいました。ボラセンの他の団体のボランティアさんたちのお力を借りて、この物資倉庫に、支援物資を運びこむことができました。

Tominaga negotiated with Mr. U, the president of a seafood precessing company, to rent Mr. U's destroyed house to use it as RF J’s store house, to which Mr. U willingly consented. With the help of other volunteer organizations of the volunteer center, they were able to store the supply goods into this store house.

 8日から10日にかけては、Uさんを始めとする地域のキー・パーソンや、ボランティアセンター各団体との話し合いや調整を行いました。

From 8th to 10th, meetings were held with the local key persons such as Mr. U and other volunteer organizations, and arrangements were made for the activities for the following days.
  1. 2011/05/08(日) 18:04:01|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rfj2011.blog.fc2.com/tb.php/29-69a02ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。