リカバリーフォージャパン <Recovery For Japan>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◎11月26日~29日

11月26日(土) 深夜に移動 東京から石巻へ

11月27日(日)

女川・M集落において、冬物衣類の「ゼロ円フリー・マーケット」を開催。さらに同集落のRFJ拠点において、「ほうれん草と豚ひき肉のキーマ・カレー」200食の炊き出し、老人や子どもの保育・整体・こころのケア(Psycho Education、自律神経のリラクゼーション)を行いました。

473.jpg474.jpg
475.jpg476.jpg

先週の活動ブログでご紹介したyoutube の映像で、中国人の女性たちが悲しく叫んでいるM地区の高台には、東北電力の社員寮があります。その寮の集会室を、S水産会長や、M地区の行政区長さんのご協力でお借りして、RFJ の「ゼロ円フリー・マーケット」を開催することが出来ました。今回、提供した冬物衣類は、東京の物資支援チームOne Step さんが、全国の支援者の協力で集めて下さった上等な冬物衣類1000着です。

フリー・マーケット初日の今日、M地区の仮設住宅で暮らす人々や、集落の人たちがたくさん集まって、皆さん大喜びして下さいました。さらにありがたいことに、このフリー・マーケットは一日で終わりではなく、地域の人たちに管理して頂いて、今回の物資が残っている限り毎日、開催されることになりました。

「港が全滅した女川では、お店が一つもやっていないから、こんな風に自由に洋服を選べるなんて夢みたいです。しかも、早い者勝ちと焦らされることもなく、家事や片付けの手が空いたときに立ち寄って、ゆっくり好きな服を選べるのだから… 本当に嬉しいです。ありがとうございます」
行政区長さんや、宮ヶ崎集落の人たちから、こんな感謝の言葉をたくさん頂きました。One Step さんや、ご協力して下さった日本中の方々に対して、私たちRFJ メンバーは、心を込めてお礼の言葉をお伝えさせて頂きます。

本当にありがとうございました!

477.jpg478.jpg

M集落の方々と先週、約束したRFJ炊き出しチームの看板料理「ほうれん草と豚ひき肉のキーマ・カレー」200食は、あっという間に完売!拠点のテーブルは集落のお年寄りたちでにぎわい、おかわり続出!の大盛況でした。
M集落の皆さま、ありがとうございました!

11月28日(月)

午前中は、河北・O地区のS仮設住宅団地で、仮設住宅に暮らすお年寄りたちに、こころと体のケア(Psycho Education、自律神経系リラクゼーション、整体、音楽・映像療法)の提供を行いました。

479.jpg480.jpg
481.jpg482.jpg

地域のもと校長先生だった男性(80代)は、RFJがS仮設住宅にやってくるたびに、必ずケアを受けに来て下さいます。仮設住宅に暮らすお年寄りたちのなかに、先生の教え子だった方々が何人もいらっしゃって、思わぬ同窓会のようになってしまったこともありました。
「ずっと眠れなかったんだけどね、あんたがたにマッサージしてもらったり、楽しく話してから部屋に帰ると、その日だけは、どういうわけか昼寝をしちまうんだな… 心が休まっているんだろうな。遠いのに、通って来てくれてありがとう」
もと校長先生から、そんなお褒めの言葉を頂き、RFJメンバーは大喜び。東京・下町育ちのもとワルガキで、学校の先生に褒められたことなど一度もなかったというRFJメンバーのひとりは「校長先生に褒められた!」と、得意満面の笑顔でした(笑)

S仮設住宅の皆さま、NPO法人JENのスタッフの皆さま、ありがとうございました!

午後は、渡波・K地区のK浜会館において、3回目のアート・セラピー、こころと体のケア(Psycho Education、自律神経系リラクゼーション、整体)、カフェ・サービスとして「鮭とブロッコリーのホワイトクリームシチュー」(70食)の提供を行いました。

483.jpg484.jpg
485.jpg486.jpg

毎回、欠かさず参加してくださる地域のTさん、Iさん、Aちゃん、「石巻の復興を考える市民の会」のみなさま、ありがとうございました!アート・セラピストのNちゃん、Hちゃん、ヘルプに入ってくれた音楽療法家のOちゃん、ボランティアのSちゃん、お疲れさま!今回のテーマは「リンゴの量感画とコラージュ」。素敵な作品がたくさん揃いました!

11月29日(火)

午前中は、NPO法人JENさんが、ロレアル化粧品さんの出資で鹿妻地区に建設したコミュニティ・スペース「HANA荘」のオープニング・セレモニーに出席しました。

487.jpg488.jpg
489.jpg490.jpg

鹿妻地区の町内会長、ロレアル化粧品の社長、NPO法人JENのM理事、石巻市の市長代理らが挨拶し、地域の幼稚園の子どもたちが歌や踊りを披露してくれるなど、セレモニーはとても楽しい雰囲気で行われました。
RFJは、12月はこの「HANA荘」で来週から、ヨガ教室やアート・セラピーの活動をさせて頂く予定です。

午後は、門脇地区のNPO法人JENのコミュニティ・カフェ「なかやし喫茶」において、3回目のアート・セラピー、こころと体のケア(Psycho Education、自律神経系リラクゼーション、整体)、カフェ・サービスとして「鮭とブロッコリーのホワイトクリームシチュー」(80食)の提供を行いました。

491.jpg

参加して下さった方々と、作品を持って記念写真です。
毎回参加してくれている地域のEさん(70代男性)は、「RFJに教えてもらった作品の作り方を、ぜんぶ孫に教えてやっているんだ」とニコニコ。

出来上がった作品だけを持って、ルンルンで家に帰っていくEさんの後を、
「おーい、Eさん!クリームシチュー4人前、忘れてるよ!」
そう叫んで追いかけていくRFJ炊き出しスタッフの姿に、一同爆笑!という一幕で、RFJの第34回被災地支援は終了となりました。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 14:55:42|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。